QLOOKアクセス解析 競馬に嵌った男のブログ: 高松宮記念の考察、能力の次は馬場適性

2012年03月25日

高松宮記念の考察、能力の次は馬場適性

1つ前の記事に出走馬の能力のことを書きました。

このメンバーならカレンチャンの能力上位は間違いないだろう、と。

ZI指数に頼らず、出走馬の過去のレースも見てみました。

・マジンプロスパー
前走は前崩れの中、唯一前で残ってる馬ですが、
僕は垂れた馬が弱いと思ってますので前走も評価してません。
僕の大好きなテレンコ馬で次はこない番ですし!前走のレース後の
コメントで騎手が「馬場はパンパンの良馬場がいいみたい」
と言ってることを信じます。

ちなみに土曜日のレースを見て感じた今の馬場は?
・直線は真ん中より外が伸びる。1番伸びるのは真ん中か?
・走破時計、上がりともに掛かってる。明日は晴れですので、
 どう変わるか微妙

血統は見ませんでした。最近、お勉強が
足りてませんので中途半端に考えるのはやめました(笑)

・ロードカナロア
弱くはないと思います。もちろん力が
あるに違いないのですが、記事タイトルに書いた適正という
部分で疑問符がつく馬です。

ただ軽い馬場でしか走ってないので、
適正の判断がつかないです。軽い馬場で5連勝してますが、
実は重い馬場では化け物かもしれないし(笑)

ただ今の馬場で最内というのも不利ですし、
走りっぷりから力のある馬場を得意とは思えないですね!

・サンカルロ
これかカレンチャンが本命かな・・
前走は体も太く、明らかに叩き台。
去年の高松宮記念の本命でもありますし、
ここも重い印を打たせて頂きます。

今日はえらい外を回してきた馬が届いてましたし、
外枠はマイナスとならないでしょう!

・グランプリエンゼル
上がりの掛かる馬場を得意とする馬。
適正はあると思いますが、懸念材料は騎手だけ。

・トウカイミステリー
今の中京芝で穴を開けてるダート好走馬という
条件にも嵌るし、ここ2年馬券になってる四井騎手
というのもプラス材料。大外をブン回しても大丈夫な馬場で
この騎手なら、むしろ本命候補?(笑)

・カレンチャン
・サンカルロ
・トウカイミステリー

この3頭で◎○▲が決まると思います!

その他、気になるのはアグネスウイッシュ、ベイリングボーイでしょうか?
ダッシャーゴーゴーには裏切られ続けてますので絶対買いません。
もしここで来たら暫く馬券は買いません(笑)

最終的な結論は明日の午前中のレースを見た後になりそうです。
ギリギリまで考えることになるのかな、、、(^▽^;)


posted by take51 at 00:31| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。