QLOOKアクセス解析 競馬に嵌った男のブログ: ダービー卿チャレンジTの考察、展開を考える

2012年04月01日

ダービー卿チャレンジTの考察、展開を考える

展開を考えるにあたり、やっかいな馬が1頭。
そうリーチザクラウン(笑)

あの馬がどんなレースをするか考えるのは
無意味なのでやめます。。(^▽^;)

とりあえず逃げるのはテイエムオオタカで間違いないでしょう。
芝12でも逃げてますので、ここでは一番速いはず。

今週からBコースとなり、土曜日も前の馬が
止まらない馬場でした。

日曜日もその傾向は基本的に変わらないと思いますので、
このメンバーなら間違いなくペースは速くタフなレースに
なるでしょう。リーチが外から暴走する可能性も大??(笑)

何度も書いてますが、内が伸びる馬場でハンデ戦なら
内の先行馬。もしくは間違いなく先手を取る馬から
買わざるを得ません。

・ツクバホクトオー
・ダイワファルコン
・サトノタイガー
・ガルボ
・テイエムオオタカ

ツクバホクトオーはダートばっかり走ってましたが、
前走の東風Sは重馬場とはいえ逃げ切り。
足元でも悪かったのでしょうか?

大体、レース後に「今まで足元が弱くて
ダートを使ってましたが本格化した今なら
やれると思ってました」なんてコメントするんですよね。
先にコメントしてくれ!って感じですが(笑)

この人気なら先物買いする価値はありますね・・

正直、絞りきれないというのが本音。
しかし今の馬場で、これだけ先行馬が居たら
前が総崩れという可能性もありますね。

その場合は

・タガノエルシコ
・ネオサクセス
・スピードリッパー

この辺でしょうか?人気が無いし、
こっちの方が楽しいですね(笑)

アプリコットフィズはこの時期、走らなさ過ぎですが
消すのは怖いですね。。。

なかなかまとまりません(^▽^;)

大阪杯の方が面白いかな??
初物づくしのフェデラリストが1人なら嫌ってみるのも
いいかも??

アーネストリーとローズキングダムでいいように思いますが・・

一度、寝てからですね(笑)


posted by take51 at 00:51| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。