QLOOKアクセス解析 競馬に嵌った男のブログ: エリザベス女王杯の考察、ヴィルシーナの取捨

2012年11月11日

エリザベス女王杯の考察、ヴィルシーナの取捨

最初はヴィルシーナとフミノで堅いレースと思ってましたが、
考えれば考えるほど違うような気がしてきました。
願望に近いかもしれませんが(笑)

このレースがどんな展開になるかがポイントになると思います。
ヴィルシーナは上がりのレースが得意だと思うんです。
もっとも持久力戦となったオークスで勝ち馬に5馬身負けてます。
秋華賞はレースを見ると天皇賞と同じ、ラップ上と実際のレース内容は
違う上がりのレースだったと思ってます。

消すのは怖いけど人気ほどの信頼は無いのでは?
と思ってます。

枠順を見て買いたくなったのがスマートシルエット。
とりあえず内枠の岩田騎手は買っとかなきゃマズイ、
そう思ってます、特に先行馬は。

春から使い詰めであったり最近、テレンコ気味なのが
気になりますが現状の◎候補です。

最近、当日に予想を変更して痛い目に
あってますので今回は初志貫徹で・・・

あとは天気がどうなるか?ですね。。。
とりあえず寝ます(笑)
posted by take51 at 02:23| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301280256

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。