QLOOKアクセス解析 競馬に嵌った男のブログ: レベルの高いレース検証

2013年01月23日

2012年11月18日、2歳500万下の検証

最近、穴を開けた馬について調べていると
とあるレースに辿り着きました。

ティーハーフの勝ったレースです!
ちなみにこのレース出身馬のその後は?

(4-1-2-1-2-14/24)勝率16.7% 連対率20.8%
        単回収値835円 複回収値274円
これはなかなかですよ。
馬券になった馬
1.セイウンチカラ   8人1着 1/14ダ1200 
2.コスモアンダルシア  14人1着 1/21芝1200
3.カゼニタツライオン  9人1着 12/16ダ1200
4.ハイマウンテン   6人1着 12/15芝1200
5.クリノチョモランマ  6人2着 12/15芝1600
6.エクスパーシヴ  11人3着 12/8芝1400
7.クリノチョモランマ  8人3着  12/2芝1600

TARGETをお持ちの方ならすぐに調べられます。
この11/18の京都6Rの成績を開き「検索→全馬のこのレース
より後の中央成績を一覧」で一発です!

上の7頭に共通しているのは比較的、先行していた馬。
12.5-10.9-11.2-11.9-11.9-11.8 タイム1.10.2

重馬場で行われた2歳戦としては速いラップを刻んでます。
特に2ハロン、3ハロン目は同時期開催の古馬並みです。
それを先行して残ったハイマウンテンやセイウンチカラは力があると
みていいでしょう。セイウンチカラは芝で一回負けた後、不良の
ダートで激走してるんです。

6着以下で中途半端に中団にいた馬のその後は
よろしくないようです。唯一の例外は11着の
コスモアンダルシア。月曜日に中山で後方より激走してます。
ま、この辺は僕には解りません(笑)

この月曜日のレースで8着のグレカーレが0.3差の7着に負けてます。
次あたりが走りごろじゃないでしょうか?

そういう意味ではこのレースの勝ち馬、ティーハーフの
今後が気になるところです。朝日杯では5着に負けてますが、
この馬がどんな風な成績を残していくか見物です!

本当はこんなレースを調べだすと、手を出すレースが
増えて良くないんですけど・・(^▽^;)

前にもどこかで書きましたが、このように負けた
馬が後に激走するレースを見つける「レースを見る目」を
養いたいものです。

早くケンブリッジサンの検証をせねば(笑)



posted by take51 at 21:32| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レベルの高いレース検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。